何をお探しですか?

検索入力に情報を追加する必要があります。


航空宇宙リニアフォースおよびロータリートルクセンサ

概要

ハネウェルのフォースおよびトルクセンサは、航空機の多数の測定およびフィードバックアプリケーションに最適。これらのセンサは、パイロットまたは副操縦士によって、エレベータ、補助翼、方向舵フライトコントロールシステムにかけられた力を測定します。センサ出力は、自動操縦装置およびフライトデータレコーダの両方で使用されます。

力は一体型ロードセルを使用して測定され、フライトデータレコーダに伝送される前に内部エレクトロニクスを使用して調整されます。各センサ内の機構により、(可能性が極めて低いが発生し得る)センサ不良といった事態でも、デバイスはコントロールリンクとして機能続行が可能です。

コントロールロッド フォースセンサ - 実証された過酷な環境向け設計を持つこのセンサ群は、正確に較正されたメタルフォイル歪みゲージで計量された検出素子を備えています。

トルクセンサ – この入力クォッドラント トルクセンサは、バックラッシュゼロのインターフェースおよびスリップリングケーブル出口を提供します。その検出素子は、メタルフォイル歪みゲージで計量されたロードセルを利用します。両センサとも、センサに不可欠な第二荷重パスにより、すべての潜在的な故障モードにおけるフライトコントロールの適切な機能が確保されます。

もっとも要求の厳しい航空宇宙アプリケーションとそのお客様に対応するよう特別に設計された荷重測定製品を、過去30年以上にわたってご提供してきました。ハネウェルは、センサだけでなく測定ニーズのほぼすべてのソリューションを、お客様と協力して作成・実行することを専門としています。

  • コントロールロッド機器
  • トルククォードラント機器
  • リンク機器
  • クルーフォース入力、カスタム
  • 文書

    タイトル 文書タイプ 言語 サイズ
    リニアフォースおよびロータリートルクセンサ 英語 3MB
    航空宇宙&防衛関連製品 レンジガイド 製品レンジガイド 英語 3MB

    言語

    ソーシャルメディア

    サイト情報

    プライバシー規約

    サイトマップ

    ご利用規約

    Copyright © 2017 Honeywell International Inc.

    Powered By OneLink