何をお探しですか?

検索入力に情報を追加する必要があります。


概要

パッシブ VRS (可変リラクタンス スピード)磁気スピードセンサは、シンプル・頑強なデバイスで、オペレーションに外部電圧源を必要としません。

センサ中の永久磁石が固定磁場を発生させます。センサの磁極(センシングエリア)近くにある鉄属や磁性体ターゲットの接近、通過によって、磁場の磁束が変化し、その強度が大きく変わります。この磁界強度の変化によって、出力端子に巻かれているコイルに電流が流れます。VRSセンサの出力信号はAC電圧で、モニターされているデバイスの速度変化に応じて振幅と波形周波数が変化します。通常はピークトゥーピーク(Vp-p)で表されます。

ターゲットが一つセンサの磁極片を通過するたびに、一つの完全な波形(周期)ができます。標準的なギアをターゲットとして使用した場合、この出力信号をオシロスコープで見ると正弦波のように見えます。

6つのアプリケーション固有のシリーズが揃っています。

  • VRS汎用シリーズ
  • VRS危険場所シリーズ
  • VRS高出力シリーズ
  • VRS高分解能シリーズ
  • VRS高温シリーズ
  • VRSパワー出力シリーズ

輸送機器:Thrumoldシリーズ


文書

タイトル 文書タイプ 言語 サイズ
スピードセンサ製品ラインガイド 製品ラインナップガイド 英語 181KB
スピードセンサ・レンジガイド 製品レンジガイド 英語 767KB
VRS産業用磁気スピードセンサ アプリケーションノート アプリケーションノート 英語 530KB
VRSセンサアプリケーションノート アプリケーションノート 英語 101KB
VRS出力電圧計算式 技術情報 英語 46KB
磁気センサ製品ラインガイド ラインカード/選択チャート 英語 359KB

言語

ソーシャルメディア

サイト情報

プライバシー規約

サイトマップ

ご利用規約

Copyright © 2017 Honeywell International Inc.

Powered By OneLink