何をお探しですか?

検索入力に情報を追加する必要があります。


概要

Thrumoldシリーズ VRS(可変リラクタンス スピード)センサは、ヘビーデューティー、オフロード、建設車両の回転シャフトのスピードおよび位置を決定し、エンジン燃焼プロセス効率の改善に役立つ情報を提供することで、エンジンタイミングとトランスミッションスピードを検出するよう設計されています。パッシブVRSセンサは、動作に外部電圧源を必​​要としない、シンプルで堅牢なデバイスです。センサ中の永久磁石が固定磁場を発生させます。センサの磁極(センシングエリア)近くにある鉄属や磁性体ターゲットの接近、通過によって、磁場の磁束が変化し、その強度が大きく変わります。この磁界強度の変化によって、出力端子に巻かれているコイルに電流が流れます。VRSセンサの出力信号は、監視されているデバイスの速度が変化に応じて、振幅と周波数が変化する交流電圧であり、通常はピークからピークまでの電圧(Vp-p)で表されます。各ターゲットがセンサのポールピースを通過する際に、1回の完全なサイクルが発生します。標準的なギアをターゲットとして使用した場合、この出力信号をオシロスコープで見ると正弦波のように見えます。

文書

タイトル 文書タイプ 言語 サイズ
honeywell-sensing-vrs-sensors-thrumold-series-datasheet-32303003-a-en.pdf データシート 英語 504KB
honeywell-sensing-vrs-sensors-thrumold-series-installation-instructions-32312331-a-en.pdf データシート 英語 317KB
スピードセンサ製品ラインガイド 製品ラインナップガイド 英語 181KB
スピードセンサ・レンジガイド 製品レンジガイド 英語 767KB
VRS産業用磁気スピードセンサ アプリケーションノート アプリケーションノート 英語 530KB
VRSセンサアプリケーションノート アプリケーションノート 英語 101KB
VRS出力電圧計算式 技術情報 英語 46KB
磁気センサ製品ラインガイド ラインカード/選択チャート 英語 359KB

運輸VRS Thrumoldシリーズ製品を閲覧する

製品 出力電圧(ピークピーク値)(最小) マウント用ねじ山 直径 ハウジング長
TM-HAADA 30 Vp-p~48 Vp-p M18X1.5 6G
TM-HBADA 30 Vp-p~48 Vp-p 5/8-18 UNF-2A スレッドサイズ
TM-LDADA 21 Vp-p~35 Vp-p M16X1.5 6G

言語

ソーシャルメディア

サイト情報

プライバシー規約

サイトマップ

ご利用規約

Copyright © 2017 Honeywell International Inc.

Powered By OneLink