何をお探しですか?

検索入力に情報を追加する必要があります。


概要

サーミスタは、温度変化に伴い抵抗を変化させます。信号は増幅、整流、分極、生成されません。サーミスタの温度は、周辺温度や電流の通過に伴うサーミスタの自己発熱により変化することがあります。

温度測定およびコントロールまたは銅コイル補正などの大抵のアプリケーションでは、サーミスタが知覚できるほどに自己発熱しないように、サーミスタ内で分散される電力が最小に保たれる必要があります。その他のアプリケーションは、自己発熱効果に全面的に依存します。

周囲の温度が一定である時は、サーミスタの抵抗は、おおまかには、その内部で分散されて、その温度を周囲温度よりも高くしている電力の関数です。これらの動作条件下で、温度は100°C~200°C [121°F~392°F]に上がることがあり、抵抗は低電流で本来の値の1/1000に下がることがあります。

この自己発熱特性から、あらゆる分野でサーミスタが使用されています。自己発熱状態では、任意の状態に対して温度的に感応性(その抵抗が変化する)があり、熱がその場所から離れて伝達されるレートが変化します。熱除去のレートが完全に固定されている場合には、サーミスタは電力入力に対する感応性があり、電圧または電力レベルコントロール アプリケーションでの使用に適しています。

サーミスタ検出素子をタイプ別に閲覧する

お探しの製品を見つけるために、セレクションを選択して検索範囲を限定します。


文書

タイトル 文書タイプ 言語 サイズ
医療製品 製品レンジガイド 英語 4MB
温度センサラインガイド 製品ラインナップガイド 英語 290KB
麻酔装置用のセンサ アプリケーションノート 英語 3MB
産業用製品ラインカード ラインカード/選択チャート 英語 571KB
化学分析器および免疫測定分析器用センサ&スイッチ アプリケーションノート 英語 1MB

言語

ソーシャルメディア

サイト情報

プライバシー規約

サイトマップ

ご利用規約

Copyright © 2017 Honeywell International Inc.

Powered By OneLink